2011/09/30

痛っ!

東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント 
TORAY PAN PACIFIC OPEN TENNIS TOURNAMENT
有明コロシアム および 有明テニスの森公園コート(アウトドア)

Quarterfinal

サーブ後のファーストステップ
どこアップしてんねん!
よく見ると?

マリアシャラポワ(Maria Sharapova)  棄権

痛いのは 本人だけではないであろう。

世の中のテニスに興味のないオッサンと メディアは さぞ がっかりだろう。

日本では 世界No.1のウォズニアッキが 来日しても敗れても

報じられないマイナーな競技に成り下がったテニス。

テニス協会も女子テニス連盟も LPGAの樋口久子前会長に お願いしてみれば?

2011/09/29

猛虎魂。

1995年 引退年にも拘らず 猛虎特集の表紙は 真弓明信。

かつて 弱かりし頃 

背番号 7 は 全てのファンから愛されていた。

選手としてタイガースに貢献すること 16年。

彼は 間違いなく 生え抜き以上に 猛虎魂を持っていた。

監督業 僅かに3年。

今 我慢すべきは タイガースファンではないのか。

年俸高騰で 勘違いしたのは むしろ 選手とファンである。

潰す文句ではなく 育てる文句が 今の阪神ファンに求められる。

真弓阪神 格好良いではないか。

2011/09/27

1分3敗。

RUGBY WORLD CUP 2011.

27/09 - 17:00
CanadaCanada
JapanJapan












パワーでは到底勝てない。

スピードがあるわけでもない。

1995年 圧倒的なスピードを誇る吉田義人を軽視した平尾JAPAN。

(小薮監督だったが敢えて平尾JAPANと呼ぶ)

スピード、テクニック重視から 中途半端なパワーに道を誤ったままなのか。

同じ勝てないのなら 圧倒的なスピードと華麗なパスワークで世界を魅了する、

そんな日本になって欲しい。

監督をどうするかよりも


まず明確な理想を持った会長に変えることを望む。





2011/09/26

がっかり。

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント


招待気分?


実力者が 優勝争いすら出来ずに 笑顔で同組ラウンド。




正直がっかり!



思惑。

シーズン中の指揮官の去就。
退任-連敗

続投-連敗

続投-変化なし(左)、退任-連勝(右)

球団の来季人事、監督の再就職、それぞれに思惑はあろう。 

監督への選手の思惑は 試合結果に表れている。

2011/09/22

無念。

RUGBY WORLD CUP 2011.


Fixtures & Results

9/10 - 18:00




FranceFrance
47 - 21
JapanJapan

 








9/16 - 20:00
New Zealand New Zealand
JapanJapan














9/21 - 19:30
TongaTonga
JapanJapan





















予想通りの予選敗退。

力の差は歴然としている。

残念なのは パワーの差に留まらず

ひとつひとつのプレーの正確さにも 大きな差があったことである。


一勝を求める前に 
正確性を求める必要を感じる。





9/27 - 17:00
CanadaCanada
 - 
JapanJapan





ラストのカナダ戦は 勝つことも重要なのは言うまでもないが


地に足、手にボールがしっかりキープされたプレーを期待する。 



(上から失礼(汗))


2011/09/15

明と暗。

そんな事は 最初からわかっていた事だ。
宇佐美は今 リベリーのサブの日本人である。

されど リベリーのサブであることは 凄いことでもある。

成長できる条件は整っている。

あとは 本人次第。

再認識。


アレッサンドロ・デルピエーロ(Alessandro Del Piero) が 如何に素晴らしい男なのか再認識。

Egli è grande.

有耶無耶。

当然の事ながら

大相撲秋場所に空席が目立つ。

これほど 長きに渡り日本人を楽しませた娯楽なのだから


一から出直しても 必ず復活するはずである。

もっと自信を持つべきだ。

有耶無耶にすれば 必ず 同じ過ちを繰り返す。

2011/09/13

マスメディア。

真実を伝えるべきマスメディアは いまや スポーツしか その能力がない。

U.S.Open Championships 2011. Wheelchair Men's Winner.


ようやく メディアが王者に注目し始めた。

今頃なんなんだ こいつらは。

2011/09/10

一流。


なでしこ が あっさりロンドン五輪への切符を手にした。

‘あっさり’ とは 結果のみを見た場合の表現である。

世界王者のプレッシャーを 観る側が感じることは不可能である。

北朝鮮戦終了後に見せた 永里選手の笑顔が狭い世界で話題になった。

他の選手が ドローで悔しがる中 彼女だけが笑顔だったのだ。

「暗い顔をしていればよかったのか?」

本人がツィートした通り 

答えは 否。

笑顔が正解である。

これは 彼女のチームへの気配りだったと思う。

暗い顔をした結果 誰かが責任を感じることになる。

全員が 笑顔でも良かったくらいだ。

しかしながら

その場に居もしない外野が(私も含め) 

いちいち反応し過ぎなのは この先 宿命である。

それでも

そんな周囲をよそに

泣いた選手、悔やんだ選手は 更に成長し

笑った選手も 更に成長する。

彼女たちは すでに 一流なのだから。

2011/09/08

RUGBY WORLD CUP 2011.


明日から ニュージーランドで ラグビーのワールドカップが開催される。

日本では 殆ど認知されていない。 

サッカーと違い 番狂わせもなく 実力差が そのまま得点差に表れるこの競技、

長年 上位国だけで入れ替わり優勝している独占スポーツである。

日本での ラグビー人気は 

新日鉄釜石の松尾、神鋼の平尾、大八木、大畑などの 個人的人気

そして 一部の大学の伝統的な一戦 

などだけで 純粋なラグビーファンは 非常に少ない。

トップリーグに至っては 存在すら知られていないのが実情である。

人気薄の大きな理由は やはりルールの複雑さにある。

ホイッスルが多く プレーの進行がすぐに断たれるので ルールを知らないと

何がなんだかわからないのである。

そんな人気薄のラグビーが 今回 民放で放送される。

実は 2019年 ワールドカップが日本で開催されるのだ。

その為には ここで世間への認知度を高め 

若年のラグビー競技人口を増やすことが必要である。

世界との圧倒的な差は まだまだ大きく 日本を応援するには寂しい結果が予想される。

ここ数年の日本代表の外国人比率の高さにも 興醒めする意見も多い。

しかし 今回は ラグビーという競技を知ってもらう、というのが重要。

少し我慢して チャンネルを合わせて 知ろうという努力をしてみて欲しい。

間違いなく 知れば知るほど 楽しいスポーツだ。

2011/09/06

問題発言。

フジサンケイクラシック

「いいスコアは当然。昨日悪天候の中、多くのホールをプレーした選手たちは、どう思うのか。複雑な心境です」


ゴルフとは 天候の運不運も含めての競技である。


「危険だった。人の命の心配をしないのか?」


主催者や協会への短絡的な不満の表現である。


本当に問題があり危険であれば すぐさま 伝えられる仕組みが必要である。


組織に属する人間は 外部に不満も漏らす前に 先ず 組織内に訴えるのが順序である。


不満ではなく 「そういう仕組みが必要ではないか?」 という提言として。

人気記事ランキング